大きくする 標準 小さくする

大会後記

第62回 西日本医科学生体育大会

 written by 嵩原 章太 投稿日時:2010/08/12(木) 22:08

去った8月8日から9日にかけて、医学部員(廣田、金城、臼井、黒崎、西田、鈴木、嵩原、松岡、山室、仲里)は愛知県の瑞穂運動公園にて西日本医科学生体育大会に出場してきました。

 

 

 

 

 

現地はかなり気温が高く、沖縄よりも暑いような印象さえ受けました。また時折向かい風も強く吹き、やや厳しいコンディションの中での試合となりましたが、競技場自体はとても立派で室内練習場も広く、アップはかなり快適に行うことができました。

 

 

 

 

 

琉球大学の出場種目は

4×100mR(鈴木・嵩原・山室・廣田)

男子100m(鈴木、廣田、嵩原)

男子200m(鈴木、高原)

男子400m(山室)

男子800m(西田)

男子1500m(西田)

男子5000m(黒崎、仲里、金城)

男子走り高跳び(山室)

女子100m(臼井)

女子200m(臼井)

女子400m(臼井)

女子1500m(松岡)

でした。

 

 

 

 

 

 

このうち、西田さんが800m、1500mともに4位入賞、松岡さんが1500mで決勝進出という結果を残しました。今回は琉大からの入賞者は西田さんの2種目のみという結果になりましたが、チームベストや自己ベストの記録も出て、確実に去年よりもチームとしての全体の実力は上がってきていると感じました。

 

 

 

 

 

しかし、琉大全体で怪我を抱えた選手が多く、断念した種目も少なからずあり、コンディションの調整の難しさというのを改めて強く感じました。

 

 

 

 

 

医学部生にとってはこの西医体こそが1年のうちでもっとも大きな大会であり、目標としている大会でもあるのですが、この大会に向けて1年間しっかりと計画を立てて練習して来れなかったのが、今回本調子でない選手が多かった1番の理由だと思われます。

 

 

 

 

 

それらの反省点を踏まえて、来年の西医体ではもっと成長した姿を見せられるように、医学部員一同努力していきたいと思います。

 

 

 

 

 

また、6年次の廣田圭昭先輩にとっては、この大会が医学部最後の大会となりました。

 

 

 

 

 

勉強が忙しい中練習に参加してくださり、決勝に行くことはできなかったものの最後にリレーでチームベストを出せたのは圭昭先輩の頑張りがあったからこそでした。

 

 

 

 

これから病院受験に卒試に国試と多忙を極めるでしょうが、陸上競技で培った粘りで乗り切ってください。そしてたまには息抜きにグラウンドへ顔を出してください。6年間本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

さらに、2年間医学部代表を務めあげた西田先輩に代わって嵩原が医学部長、鈴木が副部長、松岡が会計、山室が新歓部長として、次の幹部となりました。幹部同士、部員同士協力し合って医学陸上部を盛り上げていく所存なので、応援よろしくお願いします。西田さん、お疲れ様でした!

 

 

追伸

医学部OBの高野優莉先生が、応援のため競技場まで足を運んでくださり、寄付金もいただきました。お忙しいところ本当にありがとうございました。高野先生が築いた医学部陸上部は私たちがもっと大きくできるよう頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

第49回九州山口医科学生陸上競技大会

 written by 嵩原 章太 投稿日時:2010/04/21(水) 00:55

 

去った4月の16日から18日にかけて、医学部員の金城、都甲、西田、臼井、鈴木、嵩原、山室、仲本の8人は九州山口医科学生陸上競技大会、通称“九山”に参加してきました。

 

 

 

 

今年の開催県は宮崎県で、ジャイアンツもキャンプを行う宮崎県総合運動公園での試合でした。

 

 

 

 

飛行機の便の都合上現地入りが試合前日の夕方になってしまい、会場での前日練習もできずホテルに着いたのは21時30分頃で、すぐに眠りはしたものの当日にも少なからず疲労を残してしまいました・・・沖縄県の選手にとっては内地の大会に出る際の飛行機代だけでなく、旅疲れにも十分に注意を払わなければならないのがややハンデというか、気をつけるべきだと感じました。

 

 

 

 

 

 

選手のコンディションとはうらはらに、試合当日の宮崎の空は雲ひとつない青空で風もよく、暑すぎもしない最高の大会日和でした。

 

 

 

 

 

 

 

琉大は他大学に比べ人数が少なく、怪我を抱えていたり病み上がりだったりで練習が思うようにできていない部員がほとんどであった中、5つの種目で入賞を果たすことができました。

 

 

 

 

しかしそれでも獲得得点による学校対抗の優勝争いには全く絡めず、毎年閉会式での大会成績発表では悔しい思いをするので、部員を増やすことはもとより選手一人ひとりの競技力を高め、いろんな種目に積極的に挑戦していかないといけないと感じました。また今大会ではリレーも組んでおらず、もっと琉大という一つのチームとして大会に臨む意識を持っていかなければならない気がしました。

 

 

 

 

 

しかし昨年よりも琉大全体の成績が上がったのも事実で、この調子でもっと上を目指していければいいと思います!

 

 

 

 

 

 

シーズンはまだ始まったばかりですが3週間後には選手権、春インカレと続き医学部員にとって最大の大会である西医体までもすでに3カ月と少しというところまで迫っています。医学部も全学もお互いに切磋琢磨し合って今シーズンいい結果を残せるよう頑張って行きましょう!

 

 

 

 

 

お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

スプリントフェスタ

 written by 嵩原 章太 投稿日時:2009/06/24(水) 23:34

6月20日、沖縄市営陸上競技場にて第一回スプリントフェスタに参加してきました。

 

 

 

 

スプリントフェスタはFreeRunの主催で今年初めて開催された記録会で、種目は50mと1000mという普通の大会ではまず走ることのない距離でした!

小学生から一般の方まで参加でき、新型プリウスやピカチュウ号、はたまたピザインがピザを売りに来たりとスポンサーの出し物(?)や展示もたくさんあって、スプリントフェスタの名の通りお祭りのような大会でした。

 

 

 

 

琉球大学からは今回50m走に江戸孝昭、友尻花織、豊嶋健太、嵩原章太、屋比久貴之の5名が参加し、1000m走に親川玲於奈、当真嗣、都甲渓、西田翔、亀浜宏嵩、豊崎宗一郎の6名が参加しました。

 

 

 

 

結果は、江戸さんが50m走で全体の2位、都甲さんと西田さんが1000mでそれぞれ1位、2位でした。

 

 

 

 

各種目とも最終組は県内トップ選手からなるスペシャル枠で、普段の大会では絶対に見ることのできない面白い勝負が見れました。

 

 

 

 

閉会式には優勝者にはもちろんその他の選手にもさまざまな景品があり、選ばれたちびっこたちがかなりの人数帰ってしまっていなかったりして、最終的に終わったのは10時をまわっていましたが、この大会を通してとても面白い経験をすることができました!

 

 

 

 

出場した選手の皆さん、応援に来てくれた方、補助員を手伝ってくれた方お疲れ様でした!

 

 

 

 

尚、記録は大会結果からご覧ください。

<< 2017年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログテーマ